太陽光発電は不労所得になる!不動産投資よりも固い!?

太陽光発電で不労所得を得る!

不動産投資で不労所得を築き上げたい!
そう考えている人も多いのではないでしょうか。

太陽光発電が、不動産投資のような不労所得になり得ること、ご存知でしょうか?
今日は「太陽光発電で不労所得を作る」がテーマです。

%e6%97%a5%e5%82%98%e3%81%8a%e3%81%95%e3%81%91%e3%82%99%e5%a5%b3

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私のブログを読んで頂きありがとうございます!
読んで頂いたお礼に、とっておきの秘密を教えちゃいます!
地方の中小企業で平社員の私が、年収で部長に勝ってしまった理由!!
それはコチラです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

不動産投資の基本

不動産投資の基本を具体的な数字で例示しますと、

1,200万円のマンションを購入する

家賃10万円/月 で貸す

年間120万円の収入になる

10年で1,200万円の収入になる

11年目以降は純粋な利益になる

というもの。

この場合、利回りは

年間収入120万円 / 購入費用1,200万円 = 利回り10%

という風に計算されます。

現実、利回り10%も出る投資機会はほとんどなく、

東京都心部では5%とか6%とかの利回りになっている現状です。

それでも投資する人はたくさんいます。

太陽光発電の利回り

一方、太陽光発電はどうなのか?

最近、知り合いから太陽光発電の話を持ちかけられまして。

利回り10%出るのだとか。

不動産投資に比べても利回りいいじゃん!!と、ちょっと興味が。。

地方では数年前に太陽光パネルがバンバン建設されていました。

最近は落ち着いてきた印象。

売電価格が下がり、今は儲からないというような噂も聞きますが。

まだ美味しい投資対象なのかもしれません。

太陽光発電が不動産投資よりも良い理由

前述したように、利回りが高いというのが1点。

さらに、不動産投資にはあって、太陽光発電投資にはない大きなメリットが1つ。

それは空室リスクです。

不動産投資で付きまとう最大のリスクは空室リスクです。

家賃10万を見込んでいたのに、お客さんが入らずに収入ゼロ。。。なんていう恐ろしいことが有り得るのです!

一方の太陽光発電は、

収入源が発電した電気の売却収入です。

その為、不動産の空室のように、収入がゼロになるということがありません。

これは非常に大きなメリットです。

太陽光発電は不動産投資よりも儲かるのか?

その可能性は、ありそうですね!

読んで頂きありがとうございました!
地方の中小企業で平社員の私が、年収で部長に勝ってしまった理由はコチラです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク