農家という生き方

farmer
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私のブログを読んで頂きありがとうございます!
読んで頂いたお礼に、とっておきの秘密を教えちゃいます!
地方の中小企業で平社員の私が、年収で部長に勝ってしまった理由!!
それはコチラです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

農家は3K?稼げない?

私はサラリーマンですが、仕事柄、農家さんと関わる機会が多くあります。

農家といえば3K(キツい、汚い、危険)の典型で稼ぎも少ないというイメージがありました。

私の祖父母はずっと農家をやってきていましたが、孫の私に「百姓じゃ稼いでいけない。」とよく言っていました。
今の会社に入社した当初、農家の手伝いをする研修期間がありました。
熊本のトマト農家、長野のレタス農家、茨城のレタス農家、群馬のキャベツ農家、長野の果樹農家などで、農作業を経験しました。

たしかに3Kです。キツいし、汚いし、危険な作業もあります。
最盛期には、朝の3時から畑で仕事が始まり、夕方までやらされることもあります。
カッパを着て長靴を履いて、土でドロドロになりながら毎日作業します。

これで時給1,000円か?と思うとたしかにやっていられません。
雇われて農業をやるとなると、正直ちょっと無理です。

農家の成功者たち

しかし農家の中にはスゴイ人達もいます。
茨城のレタス農家の中には、年間1億円を稼ぐ農家もあるのです。
必要経費を差し引いても手取り5,000万くらいでしょう。
家族4人でやっていますから、1人あたり年収1,000万超えです。

それならアリかも。と思いませんか?w

ただ、そこまではいかなくても、サラリーマンの給料と同水準か少し良いくらいの収入がある農家って、けっこうたくさんいるんです。

そして彼らからすると、サラリーマンなんてよくやっていられるね。という感じなんだとか。
農家はいいぞ〜!気楽だし、ガミガミうるさい上司もいないし。しかも給料もいいしね!
意外とそういう農家もけっこういるんです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私のブログを読んで頂きありがとうございます!
読んで頂いたお礼に、とっておきの秘密を教えちゃいます!
地方の中小企業で平社員の私が、年収で部長に勝ってしまった理由!!
それはコチラです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク