『人を動かす力』さえ体得すれば成功できる!

成功する為に必要な唯一のチカラ

成功を求める人にとって、絶対に欠かすことのできない力。
逆に言えば、これさえあれば成功できてしまう力。

それは、「人を動かす力」です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私のブログを読んで頂きありがとうございます!
読んで頂いたお礼に、とっておきの秘密を教えちゃいます!
地方の中小企業で平社員の私が、年収で部長に勝ってしまった理由!!
それはコチラです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最近、斎藤一人さんのお弟子さんが、斎藤一人さんから学んだことを書き下ろした本を読みました。
この投稿はその本の内容を参考にして、私の経験や考えを交えながら書いたものです。
(参考:「斎藤一人の人を動かす」永松茂久・著、PHP研究所・発行)
斎藤一人さんをご存知ない方の為に。
斉藤一人さんは、日本歴代一位の高額納税者として有名な実業家で、多くの本を執筆されている方です。

「人を動かす」とは

人を動かすというと、他人をアゴで使ったり、指図して強制的に何かやらせたり、他人を操り人形のように動かす、そう連想してしまうかもしれません。
しかし、本当の意味の「人を動かす」は全くの別物です。

「人を動かす」とは、他人が「あなたの為に何かしてあげたい」と思うような、魅力的な自分になるということなのです。
他人がついていきたくなるような、魅力的なあなたになるということなのです。

夢が叶う人と、叶わない人。
成功できる人と、できない人。
その決定的な違いは、人を動かす力があるかないかなのです。

時代は変わった。成功への手段も変わった。

かつての日本は、命令で人を動かすという文化でした。
大河ドラマや時代劇に描写されるように、殿様の言うことは絶対で、自分に非が無かったとしても、命令されれば腹を切らなければならない、そんな時代が長く続いていました。

昭和に入っても命令文化は変わらず、戦争中はお国の言うことが絶対だし、家庭の中でも父親が言うことは絶対という文化。

会社でも上司が言うことは絶対という文化が続いていました。
しかし現代は、命令で人は動きません。
いま会社で役職のある人達は、命令文化で育ってきたので、命令しても動かない現代の若者に困惑してしまっている状況といえます。

豊かな現代社会において、命令されなくても食べていくことは出来てしまうからです。

命令で人を動かす時代は終わり、自分の魅力で人に動きたいと思ってもらう、そんな時代に既に入っているのです。

地位や肩書があれば人が動いてくれて、成功できていた時代は終わり、
人が動いてくれるような魅力を持つことで、成功できる時代になった。

つまり現代社会での成功への手段は、地位や肩書を追うことではなく、自分自身の魅力を磨くことにあるといえそうです。

自分の魅力を磨くことが成功への手段

%e7%be%8e%e5%a5%b3kaiya-seng-1439319

成功への手段は自分自身の魅力を磨くことです。

人を動かすために、人を変えようと思ったり、人をコントロールしようと思ったって絶対にうまくいきません。
まずは自分が変わること。自分が動くことが最優先なのです。

自分が変わらずに人だけ変えようとか、自分は動かずに人だけ動かそうとか、そんな考えでは間違いなく人は動いてくれません。

人が自分の為に動きたくなってしまうくらい、自分が魅力的な人物になるしかないのです。
成功は、人が自分の為に動いてくれるかどうか、その一点にかかっているのです。

ではどうしたら、人が動きたくなるような自分になれるのか。

人を動かせる自分になるには

この人達に喜んでもらうにはどうしたらいいだろう。
どうしたら、その人が幸せになるだろう。

そこだけにフォーカスして、自分の行動基準とする。
それこそが、人が動いてくれる自分になる方法なのです。

人が動いてくれる自分になる方法。
これについては、もう少し深掘りしてみる必要がありますね。

続きは次回です!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私のブログを読んで頂きありがとうございます!
読んで頂いたお礼に、とっておきの秘密を教えちゃいます!
地方の中小企業で平社員の私が、年収で部長に勝ってしまった理由!!
それはコチラです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク