大成功している人達の7つの朝の習慣

Forbes JAPANによれば、大成功した人達の習慣が7つあるそうです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私のブログを読んで頂きありがとうございます!
読んで頂いたお礼に、とっておきの秘密を教えちゃいます!
地方の中小企業で平社員の私が、年収で部長に勝ってしまった理由!!
それはコチラです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大成功している人達の7つの朝の習慣

%e6%9c%9d

①レモン水を飲む

なぜレモン水なのでしょうか。

レモン水を起きてすぐに飲むと、心身の活力を急速に高めてくれるそうです。
空腹の状態でレモン水を飲み、30分程度経ってから朝ゴハンを食べると、効果が一番高いのだそうです。
胃での栄養吸収が良くなるので、一日中エネルギーを安定させられるのだとか。

また、レモンにはカリウムやビタミンCなどの抗酸化物質が多く含まれていることも良いとされる理由ですね。

②運動

週2回の運動を10週間継続した人は、勉強・運動・社会的面の全てにおいて能力が高まったことを実感できたという調査結果があります。(カナダの研究機関)

また、毎日運動している人は、エネルギーレベルが高く、ポジティブな思考を持っているという調査結果もあります。(イギリス・ブリストル大学)

両者ともに、成功には欠かせない特長ですよね。
運動のために早起きするという習慣が、成功する上で効果的だという研究報告は過去からなされています。

ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長、アップルのティム・クックCEO、ウォルト・ディズニーのボブ・アイガー会長らは、運動の為に6時前には起きるそうですよ。

③リラックスタイム

1日の方向付けを行うために、1日の始まりをリラックスできるような環境から始めると良いそうです。

朝メールチェックから始めたりすると、そのままズルズル雑多なやりとりに時間を取られ、午前中が終わってしまうという経験はないでしょうか。

スターバックスのハワード・シュルツCEOは、毎朝スタッフ向けにポジティブなメッセージを送り、その後は運動や家族との時間というリラックスタイムを取るようにしているそうです。

④朝ゴハン

健康的な朝食は、短期記憶力を上昇させる効果があるそうです。

また、集中力を長時間高めてくれる効果があるそうです。

さらに朝ゴハンを食べる人は、肥満になりづらいと言われています。血糖値が安定するので、日中に空腹感を感じずらくなるのだそうです。

⑤マインドフルネス

いわゆる瞑想のことです。

生産性アップ、心身の健康などに非常に効果が高いとされ、世界中のエリートが実践しているそうです。
ストレス耐性、集中力アップ、創造性の増大、EQの向上などの効果があるのだとか!

マインドフルネスについて詳しく書いた記事がありますので、読んでみてください。
世界のエリートが実践する究極の休息法『マインドフルネス』

⑥目標設定

その日1日の計画を緻密に立てることで、目標を実現できる可能性は大きく上がります。

ベンジャミン・フランクリンは、毎朝4時に起きて1日の予定を細かく立てていたそうです。
今でもフランクリン・プランナーとして、現代人に受け継がれていますね。

⑦断る勇気

以上6項目の、7つの朝の習慣を実践する為に、NO!と断る勇気を持つことが大事です。

不要な飲み会の誘いなんかは、きっぱりNO!と断り、大切な朝の時間を確保しましょう。

まとめ

以上、大成功している人達の7つの朝の習慣を実践することによって、他人には越えられない障壁を乗り越えていくチカラや、苦境に立たされても自信をもって立ち向かい限界を超えていくような、そんな成功者になっていきましょう!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私のブログを読んで頂きありがとうございます!
読んで頂いたお礼に、とっておきの秘密を教えちゃいます!
地方の中小企業で平社員の私が、年収で部長に勝ってしまった理由!!
それはコチラです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク